固定ページの親子関係を作ったならば、

きっと、子ページのインデックスページを作りたくなることでしょう。

全ての固定ページを一覧にするのではなく、1つの親に属する子ページだけを表示するのです。

その方法をご紹介しましょう。

子ページのインデックスページを作る3つの方法

子ページのインデックスページを作るためには、どんな方法があるのでしょうか。

考えられる方法は、3つ。

1. プラグインを使う
2. WordPressテーマの機能を使う
3. 自分で作る

 

ひとつずつ見ていきましょう。

【広告】

プラグインを使う方法

プラグインを使って作ることは、手っ取り早い方法です。

“Child Pages Shortcode”というプラグインをインストールして

ショートコードを追加するだけでインデックスページが作れます。

 

こちらでプラグインと使い方を紹介していますので参照してください。

WordPressテーマの機能を使う方法

WordPressテーマには、子ページのインデックスを作る機能が

予め搭載されているものがあります。

この場合は、プラグインを別途インストールしなくて良いというメリットがあります。

 

例えば、BizVektorはこの機能を搭載しています。

参考にしてください。

自分で作る方法

最後は、自作する方法です。

自分で作るメリットは、自分の思い通りのレイアウトで作られることです。

見出し設定を使って表現してもいいし、カラムレイアウトを使ってもいいでしょう。

 

当サイトが採用したWordPressテーマ「Avalon」なら、

ページビルダーという機能がカラムレイアウトの作成を支援してくれるので

非常に簡単に作成することができます。

 

例えば、ページビルダー機能を利用して作った当サイトの子ページ一覧は

こんな仕上がりになっています。

 

ページビルダーを使えば画像やコンテンツを書くだけで

2カラムでも3カラムでも4カラムさえも簡単に作ることができます。

Avalonについては、こちらからご覧ください。

固定ページの順序について

ところで、インデックスページを自動で作ったとき、どんな順番で表示されるのでしょうか?

プラグインやWordPressテーマそれぞれに仕様があるので、一概にこうだとは言えません。

でも、1つ覚えておいていただきたいのが、固定ページの順序です。

 

固定ページ作成画面では、親ページの設定と一緒に「順序」という設定項目があります。

ここには任意の数字を入れられるようになっています。

 

プラグインやWordPressテーマの多くは、

この「順序」を使ってコンテンツの表示順を決めているようです。

だから、表示順が意図した通りにならないときは、

この「順序」の設定を確認してみてください。

 

<< 前のページへ

次のページへ >>

一覧に戻る