TCD040で子テーマが作成できない含む3つの未解決問題

「問い合わせ先はコチラ!」と告知する地方局のアナウンサー
【広告】

TCDシリーズのテーマはクオリティが高く、プラグインもほぼ必要ないほど機能性が高く、

何よりもデザインが素晴らしいと感じています。

WordPressのテーマとしては最高だと思いますので、自信をもっておすすめできます。

 

ただ、まったく問題がないわけではないようです。

ここでは当サイトで採用しているTCD040(Avalon)の未解決問題を紹介しておきます。

解決できない問題は3つある

この記事を書いている2017年2月26日現在、3つの未解決問題があります。

その問題とは、

1.子テーマが作成できない
2.ページごとのnoindex設定が反映されない
3.固定ページにソーシャルボタンを付けられない

という3つです。

 

これらの問題は、TCD040に問題があるということを言っているのではありません。

インストールしているプラグインとの相性もありますので、

一概に何が悪いとは言えません。

 

ただ、ユーザサポートに問い合わせても解決できない問題であることも事実です。

1つずつもう少し詳しく説明していきます。

子テーマが作成できない

WordPressは、子テーマを作成することができます。

元になるテーマをカスタマイズするなどの理由で、

その差分だけを関連づいた別テーマ(子テーマ)として管理することができるのです。

 

子テーマのメリットは、

親テーマをアップデートするときにカスタマイズした箇所は上書きされないことにあります。

子テーマを作成する方法は2つありますが、いずれも当サイトではうまくいきません。

 

子テーマを作ってみると、こんな風に表示位置がずれてしまいます。

子テーマのカスタマイズに失敗

子テーマでは表示位置がずれる

 

この問題に対しては、TCDシリーズはそもそもカスタマイズはサポート外ですので

自分で解決するしかありません。

今のところ、原因はまったく見えていないという状況です。

ページごとのnoindex設定が反映されない

WordPressの投稿にはカスタムフィールドというのがあって

そこでいろいろな設定をすることができるようになっています。

 

これを使ってこのページだけはインデックスしてほしくないという場合に

カスタムフィールドにnoindexを設定しようと考えました。

 

ところが、TCD040(Avalon)の仕様ではこの設定が反映されないのです。

カスタムフィールドでnoindexを設定したはずのページのソースファイルを見ても

noindexになっていないということが確認できました。

 

この件について、ユーザーサポートに問い合わせすると、

header.php内を編集すれば設定が可能であるという回答が来ました。

でも、先に述べたとおり子テーマが作成できない問題があり、

後々のメンテナンスを考えると面倒になりそうなので、実装はしていません。

 

これに関しては、原因も解決方法もわかっているけど、

メンテナンスを考えて実装していない問題ということです。

【広告】

固定ページにソーシャルボタンを付けられない

最後は固定ページにソーシャルボタンを付けられないという問題です。

この記事は「投稿」で書いていますのでソーシャルボタンが表示されています。

しかし、固定ページには表示されない仕様となっているのです。

 

これは考え方、ポリシーの問題なので、一概に”問題”だとは言えません。

しかし、固定ページで書いたコンテンツも拡散して欲しいと思うことはあります。

 

なぜ固定ページに表示されないのかということに対して、

TCDテーマの開発元からは明確な回答得られていません。

今後、仕様変更をお願いしたいことの1つではあります。

まとめ

繰り返しになりますが、TCD040(Avalon)に問題があるとは限りません。

当サイトの環境に依存している可能性も高いと思っています。

 

ですので、WordPressのテーマを適用したときは、

しばらくプラグインを入れずにいくつかコンテンツを作ってみて

問題が出ないか試しながら作るという手段を取るのがいいかもしれません。

 

プラグインが少なければ少ないほど、問題の切り分けがしやすいですから。

参考にしてください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。