ホームページにブログを併設する理由とブログの役割について考察する

自然光の光とノートパソコン
【広告】

ホームページにブログ機能もついているというサイトを

最近はよく見かけます。

 

情報系サイトだけでなく、企業サイトにも見られるようになりました。

ここでは、ホームページに併設されるブログの役割について

考えてみたいと思います。

ホームページにおけるブログの役割

ホームページに併設されるブログの役割とは、

ズバリ「集客」です。

ブログは集客のためのツールなのです。

 

ブログには時間が経過すればするほど、記事が蓄積されていきます。

蓄積されるとキーワードが増えていくことになり、

結果として検索エンジンでも幅広いキーワードで引っかかるようになります。

だから、ユーザの目に留まりやすくなります。

 

言い換えると、

記事が存在することを認知してもらえる機会(認知の機会)が

増えるということです。

ホームページの弱点

ホームページには体系化された価値ある情報が掲載されています。

しかし、どんなに価値がある情報であっても認知されなければ

この世に存在しないのと同じです。

 

ホームページの情報は完結型であるため、情報が増えるということがありません。

だから、ブログのように記事を増やして認知の機会を増やすということができません。

ここがホームページの弱点です。

 

認知の機会を増やすことは、ブログが得意とすることです。

だから、ブログをホームページに併設するのです。

 

ブログを入口にしてホームページにアクセスしてもらう導線を作っておけば、

認知される可能性が高いブログの記事から

本来認知して欲しいホームページの記事へと誘導できるようになるからです。

【広告】

ブログの認知の機会をさらに増やすために

ブログの認知の機会は、基本は検索エンジンです。

そして、認知の機会をさらに増やす手段がSNSです。

TwitterやFacebook、最近ではLINEも使われていますね。

 

TwitterやFacebookにブログを更新したことを投稿して

フォロワーの方を通じて多くの人に知ってもらうことです。

SNSの良いところは、うまくいけば拡散される可能性があること。

 

これは思っている以上に爆発的な力があります。

検索エンジンで集めるよりも、数倍~数十倍の集客力があるのです。

私が最初に成功したブログでは、100~200くらいのPVだったときに

2,000以上のPVを集めることができました。

それほどの威力がSNSにはあります。

 

しかし、毎回毎回ブログを書くたびにTwitterやFacebookに

投稿するのは面倒です。

そういう場合は、プラグインを使えばよいでしょう。

SNS自動投稿プラグイン

プラグインを使えば、手間をかけることなくSNSに

ブログ更新のたびに自動で投稿してくれます。

 

そんなプラグインは、いくつかあるようでして

例えば、このようなプラグインが有名です。

● JetPack
● wp to twitter
● NextScripts: Social Networks Auto-Poster

 

Jetpackは、WordPress.comが開発しているプラグインでして

他にもサイトアクセス統計やSNSボタンなどたくさんの機能が用意されています。

 

ところが、AvalonはJetPackとの相性が悪いみたいで

JetPackをインストールしていると、変な文字列が表示されてしまいます。

 

実害はないのですが、あまりよくないと思いましたので、

当サイトではNextScripts: Social Networks AutoPosterという

プラグインを使っています。

このプラグインの解説は、こちらのページにリンクを貼っていますので

参考にしてください。

 

なお、こちらの記事でも関連情報を掲載していますので併せて参考にしてください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。