WordPressでホームページを作るうえで絶対に欠かせない機能があります。

インストールするテーマがその機能を備えていればいいのですが、

100%完璧に用意されているということは、おそらくないでしょう。

 

そんなときは、プラグインを使ってください。

足りない機能をプラグインで補完できるのが、WordPressの大きな魅力の1つなのですから。

ホームページへ絶対に導入するべきプラグイン

ホームページが備えるべき機能、保守や運用の観点から

絶対に欠かせないプラグインを挙げています。

使い方を解説したページのリンクをつけていますので参考にしてください。

Akismet

サイトを開設してアクセスが増えれば増えるほど、スパムコメントが何百、何千と増えます。

スパムコメントでサイトを埋め尽くされるのは、非常に腹立たしい。

Akismetは、迷惑なスパムコメントを取り除いてあなたのホームページを守ってくれます。

メールが迷惑メールフォルダに自動で入れてくれるようなものです。

Contact Form 7

ホームページを作ったら、あなたへのコンタクトの方法は作っておきましょう。

サイトに対する意見や質問、仕事の依頼など

あなたのホームページの価値があればあるほど、

訪問者はあなたとコンタクトを取りたいのです。

Google XML Sitemaps

検索エンジンのインデックスを早く効率よく行ってもらうために

サイトマップを作成しましょう。

 

Google XML Sitemapsプラグインを使えば、簡単にサイトマップが作れます。

サイトマップは、検索エンジンがサイトの構成を理解する手助けをしてくれます。

だから、インデックスされるスピードも早くなるのです。

 

【注意!!】

似たような名前の「Google XML Sitemap」という

末尾に”s”が付かないプラグインがあります。

ここで紹介しているのは、末尾に”s”の付いた「Google XML Sitemaps」です。

TinyMCE Advanced

WordPressは、Microsoftのワードのような感覚でコンテンツを作ることができます。

しかし、デフォルトのままでは表を作ったりすることができません。

 

TinyMCE Advancedプラグインは、コンテンツを作成するための

ビジュアルエディタをさらに使いやすく、作業効率を向上してくれます。

WordPress Ping Optimizer

新しいコンテンツを作成したらPingを送信して検索エンジンに知らせる。

早くインデックスしてもらって、早くユーザーに訪れてもらうために

Pingを送信することは欠かせません。

 

でも、デフォルトのままでは公開前の「下書き保存」をしたときにもPingを送信します。

保存のたびPingを送ることになるので、スパムと誤解される恐れがあります。

WordPress Ping Optimizerは、公開時のみPingを送るようにしてこれを防ぎます。

WP Multibyte Patch

日本語版ワードプレスにデフォルトでインストールされているプラグインです。

日本語のように1文字を2Byteで表現しているマルチバイト文字を最適化します。

(英語は、1文字を1Byteで表現しています。)

ホームページへの導入を推奨するプラグイン

使っていなくても問題は起きず、絶対に使うべきだとまでは言えないけども、

導入しておくことをオススメするプラグインを紹介します。

Add Code to Head

※ 良い参考サイトがなかったので、リンクは割愛します。

 

例えばアクセス解析をするためにGoogle Analiticsを導入するとします。

<head>~</head>にアクセス解析用のコードを追加しないといけないのですが、

phpファイルを直接編集したくないことがあります。

WordPressテーマをアップデートするときに、編集したコードが消えますから。

 

こういう場合は、このプラグインを使ってみてください。

phpファイルを直接編集することなく、

<head>~</head>に任意のコードを追加することができます。

Broken Link Checker

ホームページを作ると必ず外部サイトへの参照リンクが必要になります。

しかし、リンク先のサイトは、いつ削除されるかわかりません。

リンク先が削除されてなくなってしまうと、訪問者に不便を与えることになりますし、

メンテナンスされず放置されたサイトと見なされ、信用を落とすことさえあり得ます。

 

Broken Link Checkerは、リンクが切れたらメールであなたに教えてくれますので、

それを受け取ったときだけメンテナンスをすればいいので、作業効率が良いです。

Child Pages Shortcode

固定ページの親子関係を作ったとき、子ページの一覧(目次)も欲しいときがあります。

親となるページにプラグインが用意するショートコードを貼るだけで、

関連付けられている子ページを一覧で表示してくれます。

PS Auto Sitemap

Google XML Sitemapが、検索エンジン(ロボット)が理解するためのサイトマップならば、

こちらは、人間が理解するためのサイトマップです。

つまり、訪問者に見せるコンテンツ一覧(目次)を作成するためのプラグインです。

PubSubHubbub


※このページの下の方、Google XML Sitemapの説明の後になります。

 

パブサブハブバブと読みます。面白い名前ですね。

このプラグインは、新しいコンテンツが作成されたことをプッシュ型で

検索エンジンに通知してくれます。

 

インデックスが速くなる一定の効果が認められていますので、

使ってみてはどうでしょうか。

ホームページの運営を効率化するプラグイン

作業を効率化する、管理したい情報を見えるようにするなど

ホームページを維持・管理していくのに便利なプラグインを紹介します。

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

TwitterやFacebookなどSNSへ自動で投稿してくれるプラグインです。

新しい記事だけでなく、過去の記事も順番に投稿してくれるのが良い所です。

 

SNSのタイムラインは流れていくので、

ユーザの目に留まりやすくするためには何度か投稿して

記事を見つけてもらう機会を増やすと良いと言われています。

”何度か投稿する”ことを自動でやってくれるところに、このプラグインの価値はあります。

 

なお、過去記事を自動投稿する機能がうまく動作しないときの対処方法を

こちらで解説していますので、参考にしてください。

SNS Count Cache

SNSで投稿された数が見えるようになるプラグインです。

投稿記事や固定ページのSNSボタンにもその数字が表示されるようになる

WordPressテーマもあります。(例:TCDテーマ

 

ただし、FacebookやPocketの数が取得できず、

「N/A」と表示されてしまう不具合がこのプラグイン(ver.0.10.0)には残っています。

この問題の解決方法は、こちらのサイトで詳しく解説されています。

参考にしてください。

 

※2017/02/06 追記

ver.0.11.0がリリースされました。

上に書いた不具合が修正されているようです。

ユーザビリティを高めるためのプラグイン

訪問者により便利なホームページだと感じてもらうための

使い勝手を良くするプラグインです。

Pz-LinkCard

単にテキストだけではなく、画像や簡単な説明をつけてビジュアルで

別のページへのリンクを表示するためのプラグインです。

ここにつけているリンクがPz-LinkCardで作ったものです。

Table of Contents Plus

1つのページが長文になったとき、途中に見出しを付けると思います。

その見出しへ直接ジャンプできたら、とても使いやすいホームページになります。

このプラグインは、そういう機能を提供します。

 

もし、ジャンプ機能がなければ、上から下までスクロールしなければいけないので、

ユーザは非常に面倒に感じるため、コンテンツを読んでもらいにくくなるでしょう。

 

WordPressテーマ「STORY (TCD041)」