ここからは、具体的な作業手順について説明していきます。

最初はWordPressのインストールです。

 

私が借りているエックスサーバーを使って説明していますが、

どのサーバーでも概ね同じはずです。

WordPressのインストール手順

変更できません!WordPressに最適なレンタルサーバの選び方とは!?」で

説明したように自動インストールがある前提で話を進めます。

 

まず、WordPressインストール作業の流れを確認しておきましょう。

1.レンタルサーバーの管理画面から自動インストール画面を開く
2.インストールの設定をする
3.インストールを開始する

 

以上の3ステップです。簡単ですね。

それでは、詳しく見ていきましょう。

自動インストール画面を開く

エックスサーバーの管理画面を開きます。

エックスサーバー管理画面①

エックスサーバーの管理画面を開いたところ(クリックして拡大)

 

この画面を下にスクロールしていくと、「ホームページ」という項目の中に

「自動インストール」を見つけることができますので、クリックします。

エックスサーバー管理画面②

自動インストールはココ(クリックして拡大)

 

開いた画面で「プログラムのインストール」タブをクリックすると、

下のような画面に変わりますので、「インストール設定」ボタンをクリックします。

エックスサーバー管理画面③

自動インストール画面を開く(クリックして拡大)

 

これで自動インストール画面が表示されました。

インストールの設定をする

自動インストール画面が出てきたら、いくつか設定項目があります。

1つずつ説明していきましょう。

インストールURL

WordPressのインストール先を決めます。

取得しているドメインを予めサーバーに登録しておく必要があります。

サブディレクトリを作るなら、ドメイン名のスラッシュ(/)の後に

任意のディレクトリ名を付けておきます。

ブログ名

作成するホームページのタイトルを設定します。

WordPressの管理画面で後から変更できますので、仮の名前で構いません。

【広告】

ユーザ名

新しく作るホームページの管理者ログインIDです。

パスワード

管理者ログインIDのパスワードです。

メールアドレス

管理者のメールアドレスを設定します。

例えば、WordPressの新しいバージョンが出たなどのお知らせを受け取ります。

データベース

WordPressをインストールするときにデータベースを新しく作るか決めます。

特に意図がなければ(よくわからなければ)、

「自動でデータベースを生成する」を選べばよいでしょう。

 

以上の設定が完了すれば、最後に画面一番下の右にある

「インストール(確認)」ボタンをクリックしましょう。

自動インストール設定画面

インストール確認ボタンを押す(クリックして拡大)

インストールを開始する

最後にインストール設定の確認画面が出てきます。

ここでは、インストールURLに誤りがないかよく確かめておきましょう。

問題なければ、画面右下の「インストール(確定)」ボタンをクリックすれば、

インストールが始まります。

インストール確認画面

インストール確定ボタンを押す(クリックして拡大)「

 

インストールが完了したら、ホームページはデフォルトで公開された状態になっています。

作りかけのホームページは非公開にしたいのですが、

残念ながらWordPressにはその機能はありません。

そこで、疑似的に”非公開”にする方法を、次のページで説明します。

 

なお、エックスサーバーはアフィリエイターやブロガーの多くの方が推奨されています。

非常に安定的に速く応答するということや

その割に費用が安くて済むというのが理由として挙げられています。

 

さらに、WordPressとの相性も良く、表示スピードが速いです。

このことは、私自身も実感しています。

今から借りるというのであれば、エックスサーバーがイチ押しですね。

エックスサーバー公式サイトはこちら

 

<< 前のページへ

次のページへ >>

一覧に戻る