ホームページを作成するときに欠かせないのが、画像素材です。

アイキャッチ画像で訪問者の目を引き、文章への興味を引き付ける役割の他、

文章だけだとしんどくなる記事を、まるで”砂漠の中のオアシス”のように

訪問者の心を休ませて、また読み続けようと思わせる効果があります。

 

インターネットを探せば、無料で使わせていただける画像素材がたくさんあります。

より良い画像を見つけるためには、いろんなサイトを知っておいた方がいいでしょう。

ここでは、国内と海外のサイトを10個ずつご紹介しておきましょう。

 

画像を利用されるときには、各サイトの利用規約(利用条件)をよく読んで、

権利を侵害しないようにくれぐれもご注意ください。

日本国内サイト10選

写真AC

私がよく使っているサイトです。

人物、ビジネス、自然、建物、スポーツ、美容と健康・・・

挙げていたらキリがありません。

個人的には、ビジネス系、モデル系の写真を多く使っています。

フォトマルシェ

WordPressテーマのTCDシリーズを開発・販売されている

デザインプラス様が運営するサイトです。

当サイトのトップページ画像は、すべてフォトマルシェからです。

高解像度、高品質であることが特長ですが、写真点数は他に比べると少なめです。

blog.foto

ブログ用素材を集めたサイトとありますが、

ブログのみならず広い意味でサイト全般に使える画像ばかりです。

人物や乗り物、自然、建物など幅広いカテゴリがあります。

pro.foto

ブログフォト(blog.foto)の姉妹サイトです。

プロのカメラマンが撮影した高品質画像があります。

海、空、夕日といった風景や自然の写真が提供されています。

タダピク

無料画像を配布しているサイトだけを対象に横断的に検索できるサービスです。

2016/12/11現在で33サイトが対象となっています。

あちこち見て回るのが面倒なら、一気に検索してみてはどうでしょうか?

ぱくたそ

IT・電子機器、工場・ものづくりといったカテゴリは、

他のサイトではなかなか見られない特長の1つでしょう。

人物・モデルの写真は、当サイトのコンテンツで利用しています。

BEIZ Graphic

光・キラキラ、水中などの幻想的な写真が興味を引くサイトです。

和紙のようなマテリアルや火にフォーカスを当てた画像など

対象物に近い写真もあります。

フォトマテリアル

構造物、風景がかなりの割合を占めています。

人物画像は少ないです。

Facebookカバー用の素材が用意されているのは、他にはない特長です。

写真素材 足成

圧倒的な数を誇るのが、足成。

2016年12月11日時点で、約76,000枚あるそうです。

こちらを紹介されているサイトも結構あるので、

多くの方が利用しているのでしょう。

フリー素材アイドル MIKA☆RIKA

国内サイトの最後に変わり種をご紹介しましょう。

自分たちの写真素材を自由に何でも使っていい!

というコンセプトで活動しているアイドルです。

ビジネス、グラビア、体のパーツなどいろいろあるみたいです。

海外サイト10選

kaboompics

めちゃめちゃ解像度が高いんでしょうね。

海岸に打ち寄せる波のしぶきが一滴ずつシャープに見えます。

解像度が低いと水の動きはぼやけてしまいますから。

GRATISOGRAPHY

とにかくヘンテコリンな画像が多いです。

まあ見てください。

O-DAN

海外の素材サイトを検索できる”日本語の”サイトです。

日本語で検索できるので使い勝手がいいです。

いちいち英語を調べなくていいですから。

unsplash

10日で10枚の写真がアップロードされるというほど、

とにかく数が多いのが特長です。

たくさんありすぎて、かえって探すのが難しい(?)かもしれません。

Startup Stock Photos

その名の通り、スタートアップ系の画像が特長のサイトです。

スタートアップなので、人物が出てくる写真ばかりです。

Free Photos Bank

何となく、使いにくいサイトだと感じるのは私だけでしょうか。

ダウンロードするところまでたどり着けなかったからです。

ただ、会員登録せずにダウンロードできるのは良いですね。

visualhunt

Appleというカテゴリがあって、Mac、apple watch、iPhoneなど

Apple製品の写真がズラリあるのが特長でしょう。

さすが、海外のサイトという感じがします。

Libre Stock

海外の47サイトを横断的に検索できます。

O-DANと違って英語のサイトですから英語力が多少必要かも?

STOCK UP

ギャラリーになっているので、画像を閲覧しやすいのが良いですね。

28サイトから約14,000点の画像を集めたギャラリーサイトです。

※2016年12月11日時点

Life Of Pix

静止画だけでなく、動画素材も扱っています。

画像にはノスタルジックな雰囲気を漂わせるものがあります。

懐かしい感じを覚えました。

 

※当該サイトを利用された場合にいかなる問題が発生しても

当サイトおよび管理人は責任を負いません。

自己責任にてご利用くださいませ。