ホームページの本当の意味とは何か?Webサイトとの違いとは!?

バカンス明けでやや浅黒いコンサルタント
【広告】

このサイトでは、タイトルにもある通りホームページという言葉を

主に使って説明をしています。

でも、あなたは、この言葉に違和感を覚えているかもしれません。

 

「ホームページって間違って使っているんじゃない?」

そう思っているのではないでしょうか。

おっしゃる通り。本来とは違う意味で使っています。

 

では、なぜそれをわかっていながらホームページと読んでいるのか、

また、トップページ、webサイトなど似たような言葉とどう違うのか、

これらを整理しておきたいと思います。

類似用語の整理

このページでは、特に

「webサイト」、「webページ」、「ホームページ」、「トップページ」の

違いを明らかにして、「メインページ」、「ブログ」との関連性を説明します。

 

これらの関係性を表すと、このようになります。

サイト・ホームページなどの用語整理

サイト関連用語の関係性(クリックして拡大)

Webサイトは総称

世の中には、ブログや企業サイト(コーポレートサイト)、

Yahoo!に代表されるポータルサイトなど様々なサイトがあります。

これらを総称して「Webサイト」、または単に「サイト」と呼びます。

 

言い換えると、Webサイトの分類としてポータルサイトや企業サイト

と呼ばれるものがあるのです。

 

そして、Webサイトは複数のページから構成されています。

これらのページは、階層構造を持つのが一般的です。

この1つ1つのページを「Webページ」と呼びます。

ブログの記事やWordPressで言う固定ページは、すべて「Webページ」です。

 

Webサイトは、複数のページが階層構造を成しています。

その階層構造の頂点にあるwebページのことを

特に「トップページ」または「メインページ」と呼ぶのです。

【広告】

ホームページとは何か?

では、ホームページとは何なのでしょうか。

ホームページとは、
パソコンのwebブラウザを起動したときに最初に表示されるページのことです。

 

IEでもChromeでもブラウザを開いたときに最初に開くページを

設定することができます。

それは、家(=home)のアイコンが採用されており、

「ホームページを開く」と表示されています。

 

つまり、ホームページという用語はブラウザの中で使われている言葉なのです。

通常は、よく使うページをホームページとして設定しますし、

それは、Yahoo!やGoogleなどのwebサイトのトップページであることが多いのです。

 

そういったことから、いつしかホームページはトップページのこと指し、

あるいは、webサイトと同じく広い意味で使われるようになっていったのです。

この誤用が、言葉の意味をややこしくしている大きな要因です。

当サイトがあえて”ホームページ”と呼んでいる理由

さて、なぜ当サイトではブログに対する言葉として”ホームページ”を使っているのでしょうか。

こちらのページで説明しているような使い方ですね。

 

その理由を説明するために、この図を見てください。

サイト関連用語の関係図

サイト関連用語の関係図(クリックして拡大)

 

インターネットにはWebサイトがあり、その具体的な形式の1つとして「ブログ」があります。

ブログ以外にポータルサイトや企業サイトという具体的な目的に沿ったサイトが存在します。

 

ところが、当サイトのテーマとして扱う

ブログ以外のサイトを総称する具体的な用語が存在していないのです。

ここに問題がありました。

 

これを「サイト」と呼んでしまうと、総称としての「サイト」と意味が区別つかなくなります。

そこで仕方なくホームページという言葉を採用したのです。

まとめ

ここで説明した用語に限らず、言葉というのは時代によって変わるものですし、

例え正しい用法でなくても万人が同じ認識で”誤用”し続ければ、

それが正しい意味となっていくものです。

 

とはいえ、本来の意味で使っている人もいますので、そこで混乱が起きるのです。

同じ言葉を違う意味で使うからですね。

 

特に、”ホームページ”という言葉は厄介です。

webサイトの広い意味で使われたり、トップページという狭い意味で使われたりしますので。

 

言葉の意味で混乱しないためには、

その言葉がどのような意味で使われているのか、

正しい用法も誤った用法も全て”正しく”理解しておくことが大切なのです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。