Adsenseが表示されない時のレスポンシブ広告コードの修正方法

電車内のつり革
【広告】

WordPressのテーマによっては、

GoogleのAdsense広告が正しく表示されないことがあるんだそうです。

このページを訪れたということは、その問題にぶち当たっているのでしょう。

ここでは問題の対処の仕方について説明します。

TCD040 Avalonで見つけた問題

GoogleのAdsenseには、レスポンシブ広告が表示されないという問題があります。

WordPressならばテーマによって起こるものと起こらないものがあるようです。

当サイトで採用しているTCD040 Avalonではこの問題が起きました。

 

当初は、Avalon固有の問題かと思ったのですが、どうやら違うようです。

Googleの公式サイトでこの不具合と解決方法が掲載されていることから

Adsense側に問題があるようですね。

この記事は、TCDシリーズの開発・販売元のユーザサポートに教えていただきました。

Googleが推奨する修正方法

Google Adsenseが推奨する修正方法を簡単に説明すると、

サイトが表示されたときの解像度に収まるサイズの広告を表示するように

Adsenseコードを修正することというものです。

 

基本的にはAdsenseのヘルプに書かれている通りにやればよいです。

テキストエディタにサンプルコードを貼り付けておいて、

予め新規作成しておいた広告からサイト運営者IDと広告ユニットIDを

サンプルコードにコピペすればOKです。

Adsenseの修正コードのサンプル

修正コードのサンプル(クリックして拡大表示)

 

新規作成した広告のデフォルトの広告コードは使いません。

テキストエディタで作成した修正版のコードだけを使います。

これで疑似的なレスポンシブ広告が作成できて、問題を解消することができます。

【広告】

試しにAvalonで修正コードを使ってみた

この手順で作成したレスポンシブ広告の修正コードをAvalonに適用してみました。

すると、表示されないという問題が解消されていることが確認できました。

 

なぜこのような問題が起きてしまうのかはわかりません。

TCDシリーズだけでなく他のテーマでも起きる問題ですから、

Adsense側に何かあるのか、あるいはWordPressの問題なのかもしれません。

いずれにしても、原因は不明です。

 

今後、この問題が根本的に解消されることを願いますが、

とりあえずは不都合なく修正コードで運用することができています。

Google Adsenseコードを修正するときの注意事項

今回は、Googleが推奨する方法でコードを修正しましたが、

広告コードの改変は許可されているやり方があります。

もちろん、この修正は許可された方法です。

 

詳しくは、Adsenseヘルプに記載されているガイドラインを

読んでおくことをおすすめします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。