WordPressのトップページURLを変更する方法(エックスサーバー)

はい、正解は私でした
【広告】

WordPressをインストールした時、デフォルトのトップページURLは

WordPressインストールURLと同じになっています。

 

つまり、「wp」とか「wordpress」という場所にインストールした場合、

トップページのURLは、「http://wp-site.kotohajime.info/wp/」となってしまうのです。

トップページらしくないURLですよね。

なんとかして、「http://wp-site.kotohajime.info/」にしたいです。

今回は、その方法をじっくりと説明したいと思います。

ここで説明すること

WordPressのWikiでは、2つの変更パターンが掲載されています。

1. ルートディレクトリにインストールした後、サブディレクトリにWordPressを移動する
2. サブディレクトリにインストールした後、ルートディレクトリにサイトURLを変更する

 

ここで説明したいのは、2番目の方法です。

WordPressのWikiに掲載していることも含めて説明していきます。

 

前提として、

WordPressを「http://wp-site.kotohajime.info/wp/」にインストールしたが、

サイトのトップページURLは「http://wp-site.kotohajime.info/」に変更したい

ということを想定しています。

”wp-site.kotohajime.info”の部分は、ご自身のドメイン名に読み替えてください。

 

また、エックスサーバーの環境で説明をしていきます。

エックスサーバーを使っている方に、よりよく理解していただくためです。

【広告】

トップページURLの変更方法

まず、こちらのページで説明しているとおりにサイトのURL設定を

ルートディレクトリに変更します。

 

次に、「ルートディレクトリ/wp/」に存在する

index.php と .htaccess という2つのファイルをルートディレクトリにコピーします。

この操作はFTPソフトを使って行うと良いです。

サイトのエクスプローラ画面(一部)

ルートディレクトリにファイルをコピーしたところ

 

エックスサーバーでは、”public_html”がルートディレクトリになり、

サブドメインは”public_html”の直下にあるサブドメイン名のフォルダが

そのサイトのルートディレクトリになります。

 

移動したindex.phpファイルをFTPソフトでダウンロードして

下記のように編集します。

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp/wp-blog-header.php’ );

 

編集したらindex.phpをアップロードして上書きしておきます。

WordPressのWikiで説明されている手順はここまでです。

しかし、エックスサーバーでは、さらに次の手順を加えておかないと上手く動作しません。

不要なファイルを削除する

他のサーバーは詳しく知らないので、エックスサーバーのことだけに言及するのですが、

ルートディレクトリには「index.html」と「default_page.png」というファイルが

エックスサーバーには存在しています。

 

この2つのファイルを削除してください。

そうすれば、トップページがきちんと表示されるようになります。

 

どうやらindex.htmlファイルが存在していると、それが優先して表示されるようなのです。

だからこれを削除しておかないと、うまく動作しません。

default_page.pngはindex.htmlが使用する画像ファイルですので残しておいても

問題ありませんが、不要なので削除しておくとよいでしょう。

まとめ

エックスサーバーに限って言えば、

WordPressのWikiに書かれている手順だけでは、トップページが表示されません。

最後に書いたindex.htmlファイルを削除する必要があります。

他のサーバーではWordPressのWikiの説明だけで事足りるのかもしれませんね。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。